連休を利用して、同じ県内の主人の実家に行きました。お互いに気遣いをしながら、今のところよい関係なので助かっています。私達が行く連絡をすると、それに合わせて買い物に行ってくれたみたい。田舎の料理だけどと言いながらもいつものようにたくさん作ってくれていた。主人の母の作る料理はおいしいけれど、全て砂糖がどさっと使われていて、、とにかく甘いんだよなぁ。
夜ご飯のすき焼きといい、りんご入りのポテトサラダといい。朝御飯には甘い甘い卵焼き。太るとかより、病気にならないだろうかと心配になります。子供たちも食べるのでさらに不安になってしまいます。でも、わたしは残さずきれいに食べて、子供たちが残した分もたべます。自分の実家だったら、「おかあさん、これあますぎるけど大丈夫ー?」って絶対聞くなぁ。主人の母は「甘い方がおいしい」が口癖。砂糖は裏切らないって思ってるみたい。帰省すると色んな場面で気遣いが必要になりますが、食事がらみが一番多いかもしれません。自宅に戻ったら数日間、コーヒーに砂糖を入れないわたしがいます。少し減らさないと、ね。全身脱毛 サロン 人気