胆振東部地震が起きて2週間、ようやく生活も落ち着いてきたようです。

北海道の電力も、何とか再開されて計画亭でにまでは至らづにすみました、そして、被害の大きかった所でも水道が回復して、学校も再開されました。再開されたと言っても、未だに、避難場所になている学校も多いので大変だと思いますが、取り合えづ再開されたことは喜ぶことです。そして被害の少なかった所でも、物流などの面で、商品が少なかったりしていましたが、ようやく、平常時の商品がスーパーやコンビのにも並びだし、平穏な雰囲気を作っています。しかし、災害の中心地では、多くのボランテイアの方々による復旧作業が行われています、季節はすでに秋半ばという感じです、これから訪れる冬に向けて、急ピッチでの復旧が望まれますが、被害状況を見る限り、大変な作業になるのだと思います。今回の災害を契機に、どこででもいつ起きても不思議でない自然災害に対処の出来る強い日本を創らなければなりません。政治の世界では、今総裁選の真っただ中です、ちゃんと日本の未来を考えてくれるのか心配です。kmクリニック レジーナクリニック